間違いのない風俗店の選び方、経験者に聞いてみた

>

悪質な客引きを避け有益な情報を得よ

やっぱり客引きには関わらないのがベスト

昔から定説になっているのが「客引き(キャッチ)をしている店は避けろ」という点である。
客引きをしているのは店に人気がないか、悪質な店だという証拠。良い店は客引きをしなくてもリピーターで繁盛しているのだ。
会社員のCさんはこう語る。「客引きに連れて行かれた店では、だいたい失敗してます。何回か経験を積み、しつこい客引きには絶対つかまらないようにしてますよ」。
Cさんいわく、最近は腕をつかんだり、行く手を身体でさえぎるような、強引な客引きも多いそうだ。
「そういう輩を雇っているのは間違いなく悪質店ですよ。女の子がぽつんと立って『遊びませんか?』なんて声をかけてくるのも怪しい。付いていったら恐いお兄さんが出てきて、ぼったくられるとかね。とにかく客引きには構わないのが大事ですよ」。

達人は呼び込みから良い情報を引き出せる

悪質な客引きはアウトだが、ソフトな呼び込みは風俗遊びの水先案内人にもなりうる。
会社役員のDさんは接待で風俗店の利用も多い。「私の場合、だいたい行く場所(風俗街)も店も決まってますから、呼び込みも顔見知りで、いろんな情報を聞いています。知らない街でも呼び込みの兄さんと話して、ちょうど良さそうな店を教えてもらうことがありますよ」。
呼び込み同士は横のつながりがあり、ライバル店と客の紹介をし合っていたりもする。
「強引に特定の店に引っ張り込もうとする悪質な客引きもいれば、こちらの条件を理解して別の店を教えてくれる親切なお兄さんもいます。私は顔を見ればだいたい見分けがつきますね」とDさんは語った。
このあたり、人生経験の豊富なベテランならではの話だろう。初心者にはちょっと難しいかも知れない。


この記事をシェアする
TOPへ戻る